グレンツェンピアノコンクール予選

昨日グレンツェンピアノコンクール予選にMちゃんが出場しました!

優秀賞!!おめでとう(^^)

コンクールにはいつもドラマがあります。

いつも言っていますが、結果ではなく過程が大切。次につなげる事が大切です。

Mちゃんのお姉ちゃんは、年長さんから現在の小学四年まで、沢山沢山コンクールを受けてきました。そのお姉ちゃんの姿をみて←練習をしこたまする…お母さんに怒られる笑笑…先生に怒られる笑笑…

を散々みてきたので

わたしはコンクールなんぞ、絶対でない…

と言っていました笑笑

レッスンに身が入らない日も長く←一年以上笑笑

家族内ではピアノが嫌ならやめさせた方が…なんて、お話も出た事だと思います。

でも私もご両親も彼女を信じ、待ちました。

ある日、当然辞めるというだろうと思いながら、ピアノどうする?とご両親が聞くと

続けるよ!!って言ったそうです。

誰がびっくりってご両親( ˙-˙ )

それからでしょうか。すぐレッスンで泣いていたのに泣かなくなり、自分を奮い立たせてレッスンをうける姿をみるようになりました。

そしてついにコンクール出てみる!って決意したそう。

コンクールも色々ありますから、そこは指導者と保護者との話し合い。

色々な事を考えて話し合い、グレンツェンコンクールにしました。私も初めて。

正直、昨日課題曲のアンダンテ←30秒かからない曲を104人も弾いているのを聞いているのはなかなか辛かった…

場数が断然少ないMちゃんは緊張していまい、音が小さい。綺麗に弾いたのですがどのような評価をいただけるか未知の世界でした。

優勝賞を頂き予選通過。

次に繋げたいと思います。

おめでとう!!