ゲネラルパウゼ

私は先日知ったかぶりをしました\(//∇//)\

室内楽のレッスン中、ヴァイオリンの森田先生がフェルマーターの所で

これはフェルマーターか、ゲネラルパウゼか考えてみながら弾いてくださいっていう流れだったと思いますが、私は

     『ゲネラルパウゼ』

       ????

                      なんすか?それ?

      :(;゙゚’ω゚’):

                             チーン

話の前後で、なんとなくこういうことかなぁ…なんて思いながらレッスンをうけていました。

 

      ゲネラルパウゼ。

    なんだかかっこいい笑笑

森田先生は英語もちょいちょい出てきます。

再び…

レッスン生の皆様がご存知なのに、私がここで質問をしたら恥ずかしいな…と思いレッスンを終えて帰りました。スタジオを出た瞬間、見学していた娘からゲネラルパウゼって何?っていの一番聞かれてしまいました笑笑

今すぐ調べよーぜ笑笑

歩くのをやめて、すぐに二人でぐぐってみました。

Generalpause(ゲネラルパウゼ)とは、クラシック音楽で使われる音楽用語です。
ドイツ語で「全体の休止」という意味で、特にオーケストラなどで全声部を同時に休止させるときに使用されます。

曲の流れを突然止めることで、一瞬の空白による緊張を持続させ、次に始まる音楽をより一層引き立たせることのできる効果的な技法です。また、次の新しい展開を期待させる効果もあります。

あぁ!これを知っていたら、またレッスンが違ったなぁ…(>人<;)

これからは質問できる大人になりたいです。

私は生徒さんにわかる?って聞くと

はい!

わかってないのに、やたら返事だけよい、返事妖怪がうちには沢山います。絶対わかってないと思うと私は必ず

じゃー説明してっ(^^)ていいます。

嫌な奴〜(〃ω〃)

自分も知ったかぶりしてるくせに〜

みんなすまない。

私はあの日からレッスンで、ゲネラルパウゼを使いたくて仕方ない♪( ´θ`)ノ

ゲネラルパウゼ

ゲネラルパウゼ

ゲネラルパウゼ!!!

言いたい!使いたい!笑笑