ジャスミン音の庭室内楽クラスin東京夏休み特別企画第1日目

昨日はジャスミン音の庭室内楽クラスin東京夏休み特別企画第1日目でした。

私はトリオ入門クラスの1グループで弾かせて頂きました。


ハイドンクラス
シニアクラス

メンデルスゾーンクラス 
モーツァルト四重奏クラス

ベートーヴェン四重奏クラスの方も聴講される特別企画(^^)

ご指導してくださる先生は

森田昌弘先生(ヴァイオリン)
西田史朗先生(ヴァイオリン・ヴィオラ)
篠崎由紀先生(チェロ)
多喜靖美先生(ピアノ)
古屋絵理先生(ピアノ)

そしてスペシャルゲストに

ピティナの福田成康専務理事、加藤哲礼事務局長、ジャスミン音の庭室内楽クラスin鳥取代表の三好芳子先生

そしてそして

ジャスミン音の庭室内楽クラスイン熊本代表の厚地とみ子先生もいらっしゃいました。

パニックを起こす憎きパニクリンと戦う私にとってこんなみなさんの前で弾くなんて

緊張はもうK点越え(((o(*゚▽゚*)o)))

篠崎由紀先生は、私の顔を見なくてもピアノの音を聞いた途端、相変わらず元気な男の子の音をだしてしまったらしく…すぐ瀧口だとお分かりになられたようで苦笑い…

自分で音がデコボコしている事に気づいたら多喜先生が小さな声で

よくわかったじゃない♡

いい子いい子ってあやされました。

笑うしかありません笑笑

写真の通り、実際に多喜先生に弾いていただき、音を聞き腕や指の動きを間近でみて勉強しました。

昨日の私は楽譜通りに弾く事もできず

タイもわからんようになり、

尚且つアンサンブルをしているのに聞く余裕もなく(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

ついに森田先生がヴァイオリンをひきながら私の真横まできて

アンサンブルしましょう!!

寄り添いましょう!!

って指導して頂きました。

なんてこった(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

でも私に大きな変化が。

手足が震えなくなったのです。

全く。

古谷絵理先生に思わず震えませんでした!って報告したら3楽章は良かったですよ!っておまけのお言葉を頂きました。

せっかく前回あたりからアンサンブルを聞く余裕がでてきたと思っていましたが、頭と耳はまた逆戻り。

そして厚地とみ子先生からのアドバイス

ありがたく読ませていただきました。

こっから熊本弁イントネーションで読んでいただきたい。

まずですね。

練習せなんて事です。

よー生徒さんと娘には言います。

練習!!

練習!!

瀧口里恵!!練習(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾