バッハコンクール

昨日は三名バッハコンクールの予選を受けました。

クリスマスイブだというのに、練習にレッスンに頑張りましたよ。

クリスマス当日はコンクール受付に間に合うように、ギリギリまで教室で送り出しレッスンをしました。

Mちゃんママとは

『足台って会場のお借りできるのかな…』

などと、後コンクールまでに1時間もないのに呑気な会話をしていました笑笑

レッスンをしているとMちゃんママが

先生!!

会場の足台…

コロナ対策で借りれません( ゚д゚)

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

今気づいてよかったねー!!

教室の持っていきなー!

ありがとうございます!やばかったですぅー!

って。こんな調子笑笑

実は去年は予選落ちしたMちゃん。

いつもポーっとしていて感情をあまり出さないMちゃん。

今回は緊張しているのが手に取るほどわかりました。毎日毎日起きてすぐの演奏を動画で送ってくれました。

そして…

突然おじいちゃまが亡くなってしまったり、もう本当に大変な近況だったのです。

Mちゃんに電話をすると

ワンワン声をあげて泣いていました。

あっ

※ビールは私が頂きました笑笑

おめでとう。小さい体で色々な事を思い、辛かった事もあった事でしょう。精一杯頑張っていたんですね。

私もワンワン泣きました。

こちらも通過。疲れてドレスのまま寝てしまったよう。おめでとう!

残念ながら一人は通過できませんでしたが、初めてのチャレンジでした。

親子で非常に前向きで、これからなんどもチャレンジすると。

なんて素晴らしい考え方でしょう。

私は何万回も言っていますが、大切なのはここまでの過程です。

今回も生徒さん親子で、そして私が沢山の事を学ぶことができました。これが大事なのです。

今年最後のコンクールも終わり、レッスン納めとなりました。

今年はコロナで予想のつかない事ばかりでした。オンラインレッスンになったり休会になったり、不安と戸惑いの毎日でした。

しかしながら、それを言い訳にせずなんとか小さな目標を作りながらがんばることができ、無事に発表会も終える事ができました。

私のブログを沢山の方が読んでいただいている事を知りブログも頑張って更新する事ができました。

ピアノを通して子供達に伝えていきたい事。

大人の方にピアノを楽しんでいただけるようにする事。

年々自分の中でしっかり出来てきたような気がします。

これも私に関わってくださった皆様のおかげです。

感謝をしています。

今年一年ありがとうございました。

また来年も頑張りますのでよろしくお願いします。