ピティナコンペティション予選

生まれて初めてのコンペティション参加の五歳のAちゃん!

今回はとにかくたのしもう!

といいながら三月から頑張ってきました。

ついに昨日富士見市民文化センターきらりホールで参加してきました♪( ´▽`)

保護者の方もドキドキです。娘がでるコンペティションがどんなものかもわからない。

1番2番と次々と演奏が終わるたびにみんなとてもお上手でぽかーん(*’▽’*)

Aちゃんは残念ながら通過できませんでしたが、また来月もう一度予選があります。今回の経験を活かして次に繋げたいと思います。

保護者の方からいただいたメールが大変嬉しく昨日は涙がでました。抜粋しています。

「3月に課題曲を決めて、課題曲セミナーに出て、ステップに出て、コンペに出て、と、この3ヶ月で娘はものすごく成長しました。
とくにこの2週間はみるみるうちにレベルアップしたように思います。
りえ先生のおかげです
コンペの結果より、子どもの成長を感じられたことに、チャレンジの意味があって、私たちは大大大感謝しています。

今日のビデオを見て、弾き終わった最後のお辞儀も娘がニコニコしていたので、「楽しもう!」はクリアできていますし、初コンペ、目標は十分達成しているのです

でもまだもう一回チャンスがあるので、娘を盛り上げてがんばりたいです

素敵すぎる(´;ω;`)

本当に感謝です。ありがとうございます。本当に学ばせていただいてるのは私だな…と毎回思います。

コンペの後、Aちゃんファミリーと食事をしました。私はAちゃんのパパさんと同じ360グラムのハンバーグを平らげました…

そしてAちゃん。

「帰ってから練習しなくちゃっ」て言うんですよ( ; ; )

えー子や…また頑張ります!