岳本恭治先生の脱力奏法のセミナーにいってきました。

いつも話題の脱力。

どんなお話をして下さるのか、ワクワクしていたら
ピアノ奏法の本を出すとき、題名に脱力と言う、ワードをいれるだけで売り上げが上がるという事でピアノ脱力奏法ガイドブックという名前で本を出しました!なんて、笑いからの楽しいセミナーのはじまり。

岳本先生自身、ハイフィンガーで教育を受けられたとの事。
親近感(笑)
きちんと勉強され、正しい奏法を身に付けられた今でも、ハイフィンガーのスイッチはお持ちだそうです。
ピアノの構造知識を知ることによってどのように弾けば音がでるのか、
指を鍛えることで不要な力をなくす、脱力とばかり言わない逆の発想。

脱力奏法のセミナーはよくありますが、頭ではわかるのですが、うーん💦難しい……
今日のセミナーは、なんだか少しみえてきたような……😁
脱力をする為に、指を鍛えるためのトレーニングも教えて頂きました。

セミナーの途中で、馬塲まさよ先生の内容に、似ているな……と思っていました。
セミナーが終わり、少しだけ岳本先生とお話しをさせていただきましたら、馬塲まさよ先生と岳本恭治先生は、お二人で俺ら、言いたいこと同じだよねって最近話をしていたんですとのこと。

馬塲まさよ先生のお話しは何度聞いても楽しく、目からウロコです。そのお話しを聞いていたから岳本先生のセミナーがわかりやすく楽しく聞く事ができました。

また勉強して岳本先生の次回セミナーを楽しみにしています。

岳本恭治