謝る勇気

先日、兄弟のレッスンを待っている女の子に遊んでいいよと渡したレッスングッズ。

持ってきた自分のお人形とレッスングッズで楽しそうに遊んでいたようです。

所が突然バラバラバラバラッとレッスングッズの偽真珠ネックレスが切れて、教室に散らかってしまいました。

私はレッスンに集中していたこともあり、大丈夫だよーと言ってレッスンを続けていました。

怒ってないのに、その女の子はとても真面目な性格なので、よほど悪い事をしたと思ったのか、おったまげる程長い間泣き続け、結局泣き止む事なく泣きながら帰っていきました。お母様が優しく謝りなさいよって何度も促していらっしゃるのも聞こえていました。

ネックレスをわざと壊そうとしたわけではありません。もしかしてネックレスの糸が弱っていたのかもしれません。

これが我が子だったらこんなに優しく冷静に分析できず謝りなさいだ、拾いなさいだ、えらい剣幕で叱っていた事でしょう。

どうして私は我が子の時は冷静になれないんでしょうかね…ダメ親ですね。私は。

その女の子が今日手紙を持ってきてくれました。

ネックレスが弱っていたかもしれないのに、謝ってくれました。

キュン…

ありがとうね。

私も謝る勇気がある大人でいよう。